看護を受けている男性

意識して改善

脂質異常症を予防するには、食生活の改善が大切になってきます。現代の食生活は、普通に食事をしているつもりでも高カロリーな食事を摂取している可能性が高いので、意識して食事を改善することが大切になるのです。

Read More

青魚を摂取する

脂質異常症を改善することができる食事は色々あります。例えば、鯖やイワシ、サンマと言った青魚にはコレステロール値を下げる効果があるDHAやEPAと言った成分が多く含まれています。

Read More

血流が悪くなる

人間のからだの中には血液と呼ばれる液体が流れています。
この血液は身体全体に酸素を運ぶ役割や、様々な栄養素やホルモンを運ぶ役割を担っています。
血液は血管と言う細い管を通って運搬されますが、何らかの以上で血流が悪くなると、正常に運搬されれなくなってしまいます。
血液中には、コレステロールと呼ばれる物質が運搬されていますが、このコレステロールが多くなってしまうと、血管の中で固まってしまい、血流が悪くなってしまうのです。
また、コレステロールだけでなく、トリグリセライドと呼ばれる中性脂肪が多くなることでも血流が悪くなります。
コレステロールも中性脂肪も、脂質と呼ばれる成分の一種なので、これらの成分が多い人を脂質異常症と呼びます。
脂質異常症は昔は高脂血症と呼ばれていましたが、近年では脂質異常症が多くなってきました。
この脂質異常症の恐ろしいところは、心筋校則や動脈硬化などの重篤な症状が現れる病気の原因となる可能性があるという点です。
そのため、脂質異常症と診断された場合は、食事制限や適度な運動を行ない、しっかりとコレステロールやトリグリセリドの値を下げる処置を行う必要があるのです。

脂質異常症に大きく関係してくるコレステロールには善玉コレステロールと悪玉コレステロールと呼ばれるものがあります。
実際には、この2つは同じ物質ですが、余分なコレステロールの事を悪玉コレステロールと呼び、その余分なコレステロールを回収するものを善玉コレステロールと呼びます。
これらのコレステロールはリポタンパク質と呼ばれる成分の中に内包されて身体中を巡っています。
このリポタンパク質が血液中に溶け込む際に善玉コレステロールと悪玉コレステロールの2つに別れるのです。
脂質異常症になった場合、悪玉コレステロールの値が多くなってしまいます。
しかし、悪玉コレステロールは少なすぎると身体にコレステロールを運ぶことが出来なくなるため注意が必要です。
大切なのは、悪玉コレステロールと善玉コレステロールのバランスなのです。
小さい悪玉コレステロールが多いと動脈硬化のリスクが非常に高まるので、治療を行う際は、この小さい悪玉コレステロールの値を正常値に戻すような治療が行なわれます。

脂質異常症になる一番の原因は、食生活が関係しています。
近年では、日本でも高タンパク、高カロリーの食材が多く販売されていて、それらの食物を摂り過ぎる事により脂質異常症になってしまうのです。
脂質異常症の中には、高LDLコレステロール血症と高トリグリセライド血症、低HDLコレステロール血症の三種類が存在します。
高LDLコレステロール血症の主な原因となる食材は、動物性脂質が多く含まれている製品で、主に肉類や魚類などの食材がそれにあたります。
また、コレステロールを多く含む鶏卵、魚卵、レバーなどもこの症状の大きな原因となる食材です。
高トリグリセライド血症の場合は、酒や高カロリーの食物が大きな原因となります。
アルコールの飲み過ぎは、中性脂肪を増やす大きな原因となるので、高トリグリセライド血症になった場合は、アルコールを控える必要があるのです。
低HDLコレステロール血症は他の症状とは違い、血液中の善玉コレステロールが不足してしまう病気です。
この病気の主な原因は、運動不足や喫煙などで、これらを改善するとともに、バランスの良い食事を心がける必要があるのです。

脂質異常症の原因は、食べ物だけでなく、遺伝的な要素も関係していると言われています。
この場合、家族性高コレステロール血症と呼ばれる病気に該当し、親から子へコレステロール因子が受け継がれることで発祥します。
この病気の場合、動脈硬化になる確率が非常に高くなってしまいますが、適度な運動やバランスの良い食事制限を行なうことで改善することができるので、医師の指導をしっかりと守って生活を改善していきましょう。
家族に脂質異常症が多い人は、定期的に診断を行ない、コレステロール値を確かめることが大切になってくるのです。

ビタミンをとる

脂質異常症を予防する栄養素として、ビタミン類があります。ビタミンCやビタミンEと言った栄養素はコレステロールの酸化を防ぐ効果があるので動脈硬化になる可能性を大幅に下げることができるのです。

Read More

禁煙する

脂質異常症を改善するためには、禁煙する必要があります。タバコは善玉コレステロールをへらし、悪玉コレステロールお増やすという効果があるので、禁煙をすることで脂質異常症を改善することができるのです。

Read More