青魚を摂取する

脂質異常症の予防や改善に、青魚が最適です。
例えば鯖、イワシ、サンマにはコレステロール値を下げる効果があるDHAやEPAなどの成分が多量に含まれています。
そのため、青魚を積極的に食卓に取り入れることで、自然にコレステロール値を抑える効果が期待できるのです。
ここでは、DHAやEPAなど、コレステロール低下の効果が嬉しい成分について詳しくご紹介します。

DHAとは、ドコサヘキサエン酸の略。
よく、「魚を食べると頭が良くなる」というのは、このDHAのおかげです。
DHAには脳を活性化する働きがあり、記憶力の向上や認知症の予防にも効果があります。
また、血液中に含まれる成分を柔らかくする作用もあり、このため血液をサラサラにするのもDHAの働き。
脂質異常症の人は血液がドロドロになってしまっている人も多く、青魚に含まれるDHAはまさにうってつけの成分といえます。
もちろん、コレステロールそのものの低下作用も抜群。
脂質異常症の原因にもなる中性脂肪を低下させてくれます。

EPAとは、エイコサペンタエン酸の略。
関節の炎症を和らげてくれる働きがあり、そのため関節痛に悩まされている人にも嬉しい成分です。
EPAには血管を柔らかくする作用があることがわかっており、この作用のおかげで血液の流れを助け、サラサラにしてくれるのです。
DHAとあわせて青魚から摂取することができる成分なので、コレステロール値が気になる人、血管の健康状態が気になる人は、積極的にイワシやアジ、鯖などの青魚を食べるようにしましょう。